資格の概要

中小企業診断士の資格は中小企業が抱える経営の問題点やこれから成長していく段階でどうするべきかということを幅広い知識を生かして総合的な面から的確に診断して助言をする経営コンサルタント的な専門家です。

 

国家資格として経済産業大臣によって登録されるとても立派な資格なのです。

 

正しい知識を持った経済産業大臣お墨付きの専門家として、中小企業診断士の資格を取得している方が多くの企業で活躍しています。

 

中小企業診断士の資格を取得するためには、一次試験と二次試験が実施されこれらに合格した方が晴れて資格を手にすることができます。

日本マンパワー

一次試験ではマークシート形式で7科目を2日間に渡って試験を行います。

 

二次試験では一次試験合格者を対象に、中小企業の診断及び、助言に関する実務の事例の能力を判断するために筆記と口述の2段階で試験を行います。
筆記は15文字から200文字程度の記述をし、口述は10分程度の面接となります。

 

二次試験に合格後は、3年以内に実務補習を15日以上受けるか、実務に従事する事でやっと中小企業診断士として登録されることになります。

 

このように、実際に中小企業診断士として活躍できるまでには3段階のステップを踏まえることが必要となります。

 

比較的難易度が高い国家資格といえますが、十分な対策をして勉強することで一発合格を目指すことも可能な資格です。

 

どういった方法で試験対策をするかが合否を決定すると言っても間違いではないでしょう。

資料請求は一括資料請求が便利です。
主要な以下の中小企業診断士の資格スクール校(通学・通信どちらも可)すべてのパンフレットを、1回の入力だけで請求することができます。もちろん、1校だけの資料請求もOKです。
  • 資格☆合格クレアール
  • LEC東京リーガルマインド
  • 資格の大原


yajirusi

中小企業診断士 一括資料請求

中小企業診断士資格の概要関連ページ

中小企業診断士講座は本当に独立開業できる資格か?
実際に中小企業診断士として独立開業に成功している方の割合は全体の1割から2割程度で平均年収は800万円くらいと言われています。
中小企業診断士講座は就職に有利な資格か?
中小企業診断士の資格を活かせるのは中小企業の経営に対して助言する機会がある時です。