独立開業できる資格か?

中小企業診断士の資格を有している方が会社に在籍していることで非常に重宝される存在といえます。
幅広い分野の知識は企業の安定経営にとって必要なものです。

 

では、中小企業診断士の資格を生かして独立開業をしてコンサルタント業に専念することは可能なのでしょうか。

 

独立開業をして業を営むことも十分可能だと言えますが、十分な仕事を得るまでには時間がかかるかもしれません。
これは弁護士や司法書士などどんな仕事であっても同じで、看板を掲げているだけで黙っていてもお客様がやってくるものではないのです。

 

難関国家資格の中で、中小企業診断士は独占業務を持っていないという点はハンディといえるかもしれません。

 

つまり、中小企業診断士に依頼しないとできない業務を持っていないので、営業的に厳しい面をもっているのです。

 

そこで、まず実績を積み重ねて、多くの人から高い評価を得て得意分野を持つことで専門性を売りにすることができます。

 

そのために、、できるだけたくさんの人脈を広げることができてはじめて仕事を依頼されるものだと認識することが大切です。

 

実際に中小企業診断士として独立開業に成功している方の割合は全体の1割から2割程度で平均年収は800万円くらいと言われています。

 

その他の方は会社内での勤務やコンサルタント会社に勤務している方が多いようです。

日本マンパワー

資格を取得してすぐに独立をするという方はとても少ないといえます。

 

多くの方は会社に勤務して診断士として修行を積んで経験値を重ねたうえで独立しているという方ばかりです。

 

将来的には独立するという夢を持って多くの人脈を広げなから、中小企業診断士としてのスキルをさらに磨くことで独立開業を成功させることができるのではないでしょうか。

 

もちろん、資格取得後にすぐ独立開業をして自分の力を試してチャレンジするのもいいでしょう。

資料請求は一括資料請求が便利です。
主要な以下の中小企業診断士の資格スクール校(通学・通信どちらも可)すべてのパンフレットを、1回の入力だけで請求することができます。もちろん、1校だけの資料請求もOKです。
  • 資格☆合格クレアール
  • LEC東京リーガルマインド
  • 資格の大原


yajirusi

中小企業診断士 一括資料請求

中小企業診断士講座は本当に独立開業できる資格か?関連ページ

中小企業診断士資格の概要
中小企業診断士の資格は中小企業が抱える経営の問題点やこれから成長していく段階でどうするべきかということを幅広い知識を生かして総合的な面から的確に診断して助言をする経営コンサルタント的な専門家です。
中小企業診断士講座は就職に有利な資格か?
中小企業診断士の資格を活かせるのは中小企業の経営に対して助言する機会がある時です。