中小企業診断士の出題傾向

中小企業診断士の資格を取得するために覚えなければいけない事は山ほどあります。
全ての事柄を覚えてしまうことが可能であれば問題ありませんが、恐らく完全に全ての内容を覚えることはとても難しいと思います。

 

これまでに出題された問題を分析してみて、どんな分野が出題されているのかしっかりと分析したうえで勉強をしたほうが遥かに効率が良いといえるでしょう。

 

これまでの出題傾向を知るためには、過去問題を分析することが必要です。
最低でも過去3年分の問題はひと通り内容を分析してみることが大切です。

 

場合によっては過去5年分の問題の中から類似問題が出題されたこともあるようです。

 

過去問題で出題されたそれぞれの科目のうち、どんな分類の内容から出題されているのか確かめてみましょう。

 

できれば一覧表に過去数年にわたって遡って調べて記入してみることで、どんな分野から出題されているのか一目瞭然でわかります。

 

出題によっては引っ掛け問題のようにちょっとひねくれた発想の問題もあります。
しかし、きちんとよく出ると思われる問題を勉強していることで、余裕を持って問題が解けることが予想できます。

 

独学で勉強しながらでもかまいませんが、自分で出題傾向を分析しながら試験問題を予想して勉強するのは難しいかもしれません。

 

これまでにも多くの合格者を排出している通信講座を利用することでもっと効率良く勉強を進めることができます。

 

従来の問題をしっかり分析したうえで出題傾向を導き出していることが大きな理由です。

資料請求は一括資料請求が便利です。
主要な以下の中小企業診断士の資格スクール校(通学・通信どちらも可)すべてのパンフレットを、1回の入力だけで請求することができます。もちろん、1校だけの資料請求もOKです。
  • 資格☆合格クレアール
  • LEC東京リーガルマインド
  • 資格の大原


yajirusi

中小企業診断士 一括資料請求

中小企業診断士試験の出題傾向から合格の糸口を探る関連ページ

中小企業診断士試験科目と配点・試験時間
一次試験と二次試験に合格した方は、15日間以上の実務補習、又は実務に従事する事ではじめて中小企業診断士として経済産業大臣によって登録されます。
中小企業診断士試験の受験者数の推移と合格率
中小企業診断士一次試験も二次試験も合格率は約20%前後で推移しています。
中小企業診断士試験合格者の年齢層と職業
中小企業診断士合格者の職業をみてみると、金融機関を除く民間企業に勤めている方が最も多く約37%となっています。 業種としては、製造業が約41%と最も多く、情報サービス業が約19%、サービス業が約14%となっています。