試験科目と配点・試験時間

中小企業診断士の資格を取得するためには一次試験と二次試験に合格する必要があります。
比較的難易度が高いとされている試験ではどんな内容になっているのか確認してみましょう。

 

まず一次試験では、7科目の試験をマークシート形式で行います。

 

2日間に渡って経済学・経済政策(60分)、財務・会計(60分)、企業経営理論(90分)、運営管理(オペレーション・マネジメント)(90分)、経営法務(60分)、経営情報システム(60分)、中小企業経営・中小企業政策(90分)の7科目に分けられて試験をします。

 

配点はそれぞれ100点満点で、合格基準は総得点の60%以上で1科目でも40%未満がないということで試験委員会によって認められた得点比率に達していなければいけません。

 

 

合格率は例年20%前後で推移しています。

 

また、1次試験不合格でも60点以上得点した科目は科目合格となり、合格年度含め3年間有効となるので、翌年と翌々年は当該科目が免除となります。

 

 

このように、合格には

 

「全科目の総得点が60%以上であること」
「1科目でも40点未満がないこと」

 

という2つの要件があるため、どの科目でも平均して60%ほどの点数をとれることが必要になってきます。

 

不得意科目の点数を得意科目の点数で補う、という方法もありますが、苦手科目で40点未満をとってしまうとその時点で不合格になってしまいます。

 

受験科目には理解が必要な科目から、暗記で事足りる、といった科目までそれぞれ特徴があります。
また、科目によって要する勉強時間、点数の取り易さなどもありますから、7科目をトータルで俯瞰して受験対策を取ることが必要になってきます。

 

これらの科目ごとの特徴を理解したうえで、試験までに残された期間の中でいかに効率よく学習スケジュールを組むかは、独学だと一般的には困難です。

 

 

また、1次試験が8月、2次試験が10月と期間が2ヶ月しかないため、1次試験受験後に2次試験対策を始めるのでは一発合格は難しくなります。

 

そこで必要となってくるのが「1次試験と2次試験を融合的に対策する」ということ。

 

1次試験の中でも2次試験に関連性が高い科目と低い科目があります。
そこで2次試験との関連性が高い科目に注力し、筆記試験にも対応できるよう、単なる暗記ではなく本質的な理解をした上で択一の問題を解いていく力をつければ、実際に記述対策を始める際スムーズに移行することができます。

 

逆に関連性が低い項目はあまり時間を取らず、択一のみ解ける力をつけていくといったようなメリハリをつける必要があります。

 

二次試験では、中小企業の診断及び助言に関する実務の事例について能力を判定するために筆記口述試験を行います。
筆記は4科目で15〜200文字程度を記述して、口述は筆記試験の内容を元にして4〜5問出題され10分程度の面接を行います。

 

それぞれの科目は80分間で100点満点となっています。

 

筆記試験の総得点が60%以上で、1科目も40%未満がなく、口述試験の評価が60%以上で合格になります。

 

 

中小企業診断士は、1次試験は合格科目が3年間有効となっているため、1年目では3科目受験・2年目は4科目受験する、もしくは一気に7科目受験し、落ちた科目は来年再受験する、といった長期スパンで計画されている方もいるかと思います。

 

しかし、2次試験に関連する科目を先に合格した場合、翌年もしくは翌々年の2次試験受験の際、再度学習し直す必要があります。

 

それよりも1次試験に7科目一気に合格し、すぐに2次試験に臨んだ方が1次試験に学習した知識が残っているため、合格しやすいと言えるでしょう。

 

また、1次試験を合格すると、合格年度の翌年の2年間、2次試験を受験することができますが、この場合も知識を保持するのが難しいので、1次合格年度に2次も合格するのがベストです。

 

受験に対するモチベーションの維持も重要な問題になります。
期間が延びれば延びるほど、モチベーションを保ち続けて勉強をすることは難しくなります。

 

よって中小企業診断士に合格するためには、なるべく短い期間でいかに効率的に学習するかということが大切になってきます。

 

それぞれの科目の特性に合わせた授業を受けることができ、なおかつスケジュールについても管理してもらえる資格スクールに通うのが一般的な合格のパターンといってよいでしょう。

 

なお、一次試験と二次試験に合格した方は、15日間以上の実務補習、又は実務に従事する事ではじめて中小企業診断士として経済産業大臣によって登録されます。

 

 

公表されている、受験情報は以下の通りです。
受験資格
  【第1次試験】特になし。
 【第2次試験/筆記式】その年度の第1次試験合格者、または前年度の1次試験合格者。
 【第2次試験/口述式】その年度の第2次試験(筆記)合格者。

 

試験形式
 【第1次試験】マークシート方式による択一試験。
 【第2次試験/筆記式】科目別筆記試験。
 【第2次試験/口述式】口述試験。

 

試験科目
 【第1次試験】経済学・経済政策/財務・会計/企業経営理論/運営管理/経営法務/経営情報システム/中小企業経営・中小企業政策
 【第2次試験/筆記式】中小企業の診断および助言に関する実務の事例について。科目は、組織・人事/マーケティング・流通/生産・技術/財務・会計。
 【第2次試験/口述式】中小企業の診断及び助言に関する能力について、筆記試験の事例などをもとに個人ごとに面接の方法により行う。

 

試験時期
 【第1次試験】例年8月上旬実施
 【第2次試験/筆記式】例年10月下旬実施
 【第2次試験/口述式】例年12月中旬実施(第2次試験筆記式合格者のみ)

 

合格基準
  【第1次試験】
   (1)総点数の 60% 以上、かつ 1科目でも満点の 40% 未満のないことを基準とし、試験委員会が相当と認めた得点比率とする。
   (2)科目合格基準は、満点の60%を基準として、試験委員会が相当と認めた得点比率とする。

 

 【第2次試験】筆記試験における総点数の60%以上でかつ 1科目でも40%未満のものがなく、口述試験における評定が60%以上であることを基準とする。

 

合格率
 【第1次試験】20.5%(2012年度)
 【第2次試験】25.0%(2012年度)

 

合格発表
 【第1次試験】例年9月上旬
 【第2次試験/筆記式】例年12月上旬
 【第2次試験/口述式】例年12月下旬

 

受験料
 【第1次試験】14,400円(税込)
 【第2次試験】17,900円(税込)

 

問合せ先 社団法人 中小企業診断協会
 〒104-0061 東京都中央区銀座1-14-11銀松ビル
TEL:03-3563-0851
 http://www.j-smeca.jp/index.html

 

資料請求は一括資料請求が便利です。
主要な以下の中小企業診断士の資格スクール校(通学・通信どちらも可)すべてのパンフレットを、1回の入力だけで請求することができます。もちろん、1校だけの資料請求もOKです。
  • 資格☆合格クレアール
  • LEC東京リーガルマインド
  • 資格の大原


yajirusi

中小企業診断士 一括資料請求

中小企業診断士試験科目と配点・試験時間関連ページ

中小企業診断士試験の受験者数の推移と合格率
中小企業診断士一次試験も二次試験も合格率は約20%前後で推移しています。
中小企業診断士試験の出題傾向から合格の糸口を探る
中小企業診断士試験の出題傾向を知るためには、過去問題を分析することが必要です。 多くの合格者を排出している通信講座を利用することで出題傾向を調べなくても自然と効率良く勉強を進めることができます。
中小企業診断士試験合格者の年齢層と職業
中小企業診断士合格者の職業をみてみると、金融機関を除く民間企業に勤めている方が最も多く約37%となっています。 業種としては、製造業が約41%と最も多く、情報サービス業が約19%、サービス業が約14%となっています。