試験制度と難易度

資料請求は一括資料請求が便利です。
主要な以下の中小企業診断士の資格スクール校(通学・通信どちらも可)すべてのパンフレットを、1回の入力だけで請求することができます。もちろん、1校だけの資料請求もOKです。
  • 資格☆合格クレアール
  • LEC東京リーガルマインド
  • 資格の大原


yajirusi

中小企業診断士 一括資料請求

中小企業診断士講座試験制度と難易度記事一覧

中小企業診断士の資格を取得するためには一次試験と二次試験に合格する必要があります。比較的難易度が高いとされている試験ではどんな内容になっているのか確認してみましょう。まず一次試験では、7科目の試験をマークシート形式で行います。2日間に渡って経済学・経済政策(60分)、財務・会計(60分)、企業経営理論(90分)、運営管理(オペレーション・マネジメント)(90分)、経営法務(60分)、経営情報システ...
中小企業診断士の国家試験は比較的難易度が高いとされています。これまでの受験者数の推移と合格率はどうなっているのか確認してみましょう。平成13年に中小企業指導法の制度改正が行われてはじめての中小企業診断士の試験が行われました。このときの申込者数は約1万人で、受験をしたのが約8800人のうち一次試験に合格したのは約51%に達していました。更に二次試験に合格できたのは約600人で合格率は10.7%でした...
中小企業診断士の資格を取得するために覚えなければいけない事は山ほどあります。全ての事柄を覚えてしまうことが可能であれば問題ありませんが、恐らく完全に全ての内容を覚えることはとても難しいと思います。これまでに出題された問題を分析してみて、どんな分野が出題されているのかしっかりと分析したうえで勉強をしたほうが遥かに効率が良いといえるでしょう。これまでの出題傾向を知るためには、過去問題を分析することが必...
中小企業診断士の資格取得を目指し、見事合格した方たちは様々な年齢層や職業に就いています。中小企業診断士の中でアンケートをとった結果から確認してみましょう。まず、年齢層をみてみると幅広い年代の方が診断士として登録されています。多い年代は50代と40代で約半数を占めています。次いで60代が多くなっています。30代、20代という若い年代の方は約15%ほどとなっており、70代以上の方は約9%ほどとなってい...