中小企業診断士の資格スクール比較

経済産業大臣によって登録される中小企業診断士は、企業の安定経営のために正しい診断と助言を行うための専門知識を学んだいわば経営コンサルタント的な存在の国家資格です。

 

多くの中小企業では中小企業診断士の資格を有している方をとても優秀な人材であると判断しています。

日本マンパワー

 

企業の経営に関する事だけでなく、人事や経理、マーケティングなどの幅広い分野の知識を持っているからこそ取得できる資格であるからです。

 

そのため、企業側からのニーズが高いことも特徴です。
私の友人の話ですが、銀行に入行してから何か国家資格を取ることを推奨され、中小企業診断士に挑戦しました。
この資格を取れば行内で一定の評価をもらえるそうです。

 

それだけ、企業でもこの資格を持っていれば優秀な存在と認めているようです。

 

中小企業診断士の資格を取得するためには一次試験と二次試験をクリアしなければいけません。

 

そのため難易度が比較的高い資格といえるでしょう。

 

しかし、しっかりとした試験対策を行うことで合格することが十分に期待できるものです。

 

独学で勉強しても問題ありませんが、あまりにも多い出題範囲を勉強しきれるのかというと難しい面もあります。

 

特に問題なのは、
独学だと、どれくらいのレベルまで勉強すれば合格ラインに達するのかという目安が立ちにくいということです。

 

そのために、効率よい勉強ができないという点が独学の一番不利なところです。

日本マンパワー

 

とはいっても、資格予備校で勉強すればかなりの確率で合格できるのかといえば、そうでもありません。
実際に、私の大学時代の中小企業診断士を目指した友人はとてもまじめで優秀なやつでしたが、3年間資格スクールに通って、土日の多くを受験に費やしたにも関わらず、残念ながら合格できず、受験をあきらめました。

 

結構、難しい資格なんだと感じたものです。

 

中小企業診断士の資格スクールでは、膨大な出題範囲の中からこれまでの試験に出題された傾向を分析して効率良く教えてくれてよかったといっていました。

 

多くの合格実績を誇るスクールだったので信頼度も高いといえるものでした。

 

しかし、結果は不合格。
最終的には、どの予備校が自分に合っているのか、まったくわからなかったといいます。
実際、すべての資格スクールのことをわかるわけではないので、多くの受験生はどの資格予備校が自分に合っているのかわからない方も多い、いや、ほとんどわからないはずです。

 

資料請求することも結構大変で時間もかかります。

 

このサイトでは、

 

実際に中小企業診断士の講座を開講している資格スクールに資料請求して比較検討してみました。

 

 

資格スクール受講を検討されている方に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

 

資料請求は一括資料請求が便利です。
主要な以下の中小企業診断士の資格スクール校(通学・通信どちらも可)すべてのパンフレットを、1回の入力だけで請求することができます。もちろん、1校だけの資料請求もOKです。
  • 資格☆合格クレアール
  • LEC東京リーガルマインド
  • 資格の大原


yajirusi

中小企業診断士 一括資料請求